あんしんファミリーサポート

企業としてのさらなる飛躍へつながる新しいカタチの福利厚生

業界を問わず、企業様がさらに飛躍していくために必要なこと。それは「企業様と従業員様がどれだけ信頼できる関係」でいられるかではないかと当社では考えています。「あんしんファミリーサポート」は、従来の優待割引をテーマとはせず「従業員様とご家族様の日常の安心」をテーマとし、企業様の従業員様の信頼関係づくりをサポートするツールとしてご利用いただいております。

福利厚生

想いから生まれる信頼が企業様を飛躍させる

業務意欲向上

企業様が従業員様を守る、守りたいという姿勢は、従業員様の企業様への信頼につながります。
信頼しきれない企業様と信頼できる企業様での、従業員様の業務意欲は想像しただけでも明らかに違いがあります。本サービスを「企業様と従業員様の良い信頼関係づくり」にお役立てください。

業務意欲向上

離職率低下

従業員様は「人財」です。企業を担う人財が抜けることによるデメリットは大きく、企業として放っておくことはできない問題です。離職者の役職・担当によっては、企業様のさらなる飛躍への歩みを止めてしまうことになりかねません。従業員様が「この会社で働きたい」と感じられるためにも、信頼できる企業様であることが重要ではないでしょうか。

離職率低下
資料請求・お問い合わせ・導入のご希望はこちら

従業員様とご家族様の「日常の安心」をサポート

おからだの「もしも」のときに、医師または看護師等が無料で医療相談にお応えいたします。突然の病気やケガなど緊急の対処方法、休日や深夜の病院・診療所などのご案内など24時間365日受付サポートいたします。※予約が必要な相談サービス等については、ご相談対応時間は24時間365日対応外となります。

「もしも」の時は頼れる医療アドバイザーにおまかせ

医療相談

メンタルヘルス相談も無料で対応。従業員様のこころとからだのお悩みにお応えします。

※ご連絡いただいた際、氏名、電話番号などを確認させていただく場合がございます。 ※サービス内容は予告なく変更・中止となる場合がございます。※予期せぬ状況により、サービスの一部、またはサービスのご提供を終了する場合がございます。※本サービスのご提供にあたり取得した情報は、希死念慮者等の緊急対応を含め、一切開示することはできません。※本サービスのご提供については、診療の代替ではなく、あくまで情報提供、助言に限定されており、効果を保障するものではありません。また、情報提供・助言については、日本国内の法律(医療法・医師法)に基づく対応となります。(対応についても日本国内でのご相談のみとなります)

医療イメージ

ストレスチェックは、従業員様のストレス状況について検査を行い、従業員様にご自身のストレス状況についての気づきを促します。また結果を集団的に分析することで、職場環境の改善につなげるという取組へもつながります。ストレス社会と言われる現代社会で、従業員様のメンタルをサポート・管理することは、今後の企業様にとって大きな役割を持つと考えられます。

安心してご利用いただける内容と実績

  • ストレスチェック
    法令指針に
    完全適合

    厚生労働省の改正労働安全衛生法に完全に適合したストレスチェックなので、50人以上の事業所様で義務化されたストレスチェックもこのサービスで対応可能です。

  • 実施者業務
    (医師による結果)
    のご提供

    専門の医師による結果判定を行います。結果表には、判定によるコメントの記載と医師の署名が入ります。

  • 一部上場企業や
    行政機関でも
    導入の安心

    本ストレスチェックは、結果の見やすさや使いやすさ、また診断のクオリティの信頼性から一部上場企業様や行政機関等でもご導入いただいております。

※本サービスは、企業様から従業員様にご案内・実施していただくサービスとなります。 ストレスチェック

最大3億円までの個人賠償責任補償でご家族様の変わらない毎日を

会員様またはご家族様(※1)が日常生活の事故により、他人の生命または身体を害したり、他人の財物に損害を与え法律上の損害賠償責任を負った場合に、損害賠償額および判決による遅延損害金について、最高3億円を限度とし補償をお支払いします。※1:補償の対象(被保険者の範囲)や詳細については、別途パンフレット等でご確認ください。

賠償事故例

  • 自転車事故
    自転車事故

    自転車で走行中、歩行者にぶつかりケガをさせた。

  • 認知症患者の事故
    認知症患者の事故

    認知症患者の鉄道事故など、責任無能力者の事故の場合、ご家族様(監督責任者)に賠償責任が及ぶ可能性があります。(※2)

  • 通勤途中の事故
    通勤途中の事故

    通勤途中、駅の階段で足を滑らせて転び、他人を巻き込んでケガをさせた。

  • 商品の破損
    商品の破損

    お店の商品を誤って落とし、壊してしまった。

※上記内容はあくまでも一例となり、状況や内容によっては補償対象外となる可能性もあります。詳しくはパンフレット等でご確認ください。※2:責任無能力者の事故の場合、監督責任者が加入する保険等では対応不可。責任無能力者の賠償責任保険等の加入が必要となります。認知症患者=責任無能力者ではありません。認知症でも責任能力者であると判定された場合、認知症患者への賠償責任が発生します。

ケガの補償

突然の交通事故により、会員様(ご加入者ご本人様)に後遺障害が生じた際や、死亡された際に保険金をお支払いいたします。

ケガの補償と個人賠償責任補償は、ご導入いただく安心サービスの付帯サービス(商品付帯保険)となります。

space

お問い合わせ

トップページへ